あなたのほしい本(新品・中古本)がきっと見つかる!さあ!アマゾンで本(新品・中古本)を購入なら中古本書店です。

ブラジャーの圧迫感改善

トップページ

ブラジャーの圧迫感改善

ブラジャー選びはバストアップに繋がる

ブラジャー選びの第一は呼吸が楽にできるという点からサイズを選んだ方が良いです。着けていて楽なことが第一です。ブラジャーのカップが小さかったり、アンダーがきつ過ぎたりすると、胸が脇に流れたり、あるいはアンダーバストラインに跡が付き、長い間使用しているうちに段がつく事があります。まず、こういった場合は きつくて苦しい、長い時間着けていられない、肩が張るなどといった弊害が出てきます。

ブラジャーがジャストサイズであれば、Tシャツなどを着たとき、バストトップが水平より上になる、アンダーラインが肉にくい込まない、一日中着けていても楽である、といったようになります。苦しい、きついと言う多くの人は、アンダーバスト、サイズをワンサイズ大きくずらしていることが多いようです。ワンサイズずらしているため苦しくないのでそのサイズが合っている、と思っているようですが、実際にはゆるいので、背中のホック部分がどんどん上へずり上がり、結果、肩のストラップ部分がゆるみ、胸のカップ部分が下がってしまい、下向きになった胸のラインを見て、しかたなく肩のストラップを短くつめるということになります。全体にブラジャーをどんどん上に上げてしまう結果になります。これは 間違ったフィッティングです。

傍目からも不自然な胸に見えてしまいます。アンダーバストが苦しい、きついと感じる場合はジャスト、アンダーバスト、サイズはそのままにして、ブラのカップをワンサイズ又は、ツーサイズ大きくしてみましょう。きっと、背中のホック部分が上にずれることもなくなり、苦しさも、胸への圧迫感もなくなるはずです。

(参考サイト お気に入り)
>> バストアップダイエット



a:1136 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional