あなたのほしい本(新品・中古本)がきっと見つかる!さあ!アマゾンで本(新品・中古本)を購入なら中古本書店です。

乾癬に効果のある新薬

トップページ

乾癬

乾癬に効果のある新薬って?

乾癬は、治りづらい根治性の皮膚疾患といわれており、良くなったり、悪くなったりで完治することが難しいとされています。乾癬は、表面がフケのようにはがれ落ちることもあって、差別やいじめの原因にもなり、患者への心理的負担も大きいです。原因ははっきりとは分かっていませんが、遺伝的要素や食生活、ストレスと考えられています。

ひじ、ひざ、頭など外部から刺激を受け、目立つ部位に発症しやすく、患者の中には、温泉などで人前に肌をさらすのをためらったり、結婚などの社会生活の障害となっている人も多です。塗り薬や紫外線療法で治療するのが一般的でしたが、最近ではヒュミラと、レミケードという新薬が発表されました。

ヒュミラとは、2週間に1度、自分で皮下注射をするもので、レミケードは、2週間に1度、自分で皮下注射をするものです。どちらも炎症を起こす物質の働きを妨げる生物学的製剤です。ほかの薬ではなかなか治らなかったかゆみや赤み、関節痛が1、2週間で消え、患者からは好評のようです。しかし、すべての患者に同じように効果があるわけではなく、重篤な感染症の患者には、肺炎などの合併症を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

また、実際に治療を続けていく上では、薬が高額なので負担がかかるともいわれています。しかし、どんな治療法を試しても効きめがなく、悩んでいる人であれば、一度は使用してみても良いと思います。使用したい場合は、医師とよく相談して下さい。


こちらも参考にしてください。

>> 乾癬は病気じゃないんだ




a:1218 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional