あなたのほしい本(新品・中古本)がきっと見つかる!さあ!アマゾンで本(新品・中古本)を購入なら中古本書店です。

子宮筋腫と妊娠

過去の案内仕入れ情報ページ

子宮筋腫

子宮筋腫と妊娠

このページでは、【子宮筋腫を自宅で解消する方法】を販売されている康鍼灸院の中村先生のスタッフの方にお聞きした内容を紹介します。

>> 子宮筋腫を自宅で解消する方法


子宮筋腫は女性の約30パーセントが持っていると言われていて特に30代~40代の女性が子宮筋腫と診断されているようです。現在、珍しい病気ではなく、女性の病気の中で1番多いそうですね。みなさん子宮筋腫とはどんなものなのかご存知ですか?女性なら誰でもなる可能性があるので、少しお勉強してみましょう。

まず、筋腫とは良性の腫瘍の事を言います。子宮にできるこぶのようなもの。しかし悪性では無いので、生命にかかわるような重要な病気ではありませんので安心して下さいね。人によって大きさが異なり、1個だけの場合もありますがほんとに小さい筋腫を含むと数個ある方が多いそうです。

詳しい原因はまだはっきりしないのが現状ですが、女性ホルモンの関係ということはわかっているようです。症状は様々で自覚症状のない方もいますが触って、しこりを感じたり、腹痛、貧血になる方もいて、不妊や流産などの原因になる可能性もあるので気になる事があればすぐに婦人科を受診された方がよさそうです。

では、これから妊娠を望まれている方は子宮筋腫になると赤ちゃん産めないの...?不安になりますよね。実は子宮筋腫があるから妊娠しない訳ではなく、筋腫のできる場所や位置によって妊娠しずらかったり、手術が必要だったりと異なります。子宮の内側にできる粘膜下筋腫と子宮の外側にできる漿膜下筋腫があり、子宮の内側で受精卵が育つので、粘膜下筋腫の場合は胎児の成長を妨げる可能性もあり流産の原因にもなり得ます。

しかし、筋腫が妊娠過程の邪魔をしない状態にあれば、妊娠・出産は十分に可能です。そしてほとんどが、帝王切開せずに普通分娩が可能だそうです。つまり、子宮筋腫と妊娠の因果関係を簡単にまとめると、筋腫があっても妊娠は可能ですし、状態によって経過観察で様子を見たり、自覚症状がなく赤ちゃんにも影響が無い場合は摘出しない場合も多くあります。

ですが、妊娠して経過と共に子宮は大きくなりますよね。それと同時に筋腫も大きくなります。まずはどのような状態にあるか、詳しく検査する事が大事です。




a:1121 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional